[英会話教材比較]ロゼッタストーンvsヒアリングマラソン。評価レビュー。

0
257

英スタでは過去、知名度、評価が高い二つの『英会話教材』をレビューしました。

ロゼッタストーン
アルク1000時間ヒアリングマラソン

ただ、レビューを読んだ方からは「で、結局どっちがおすすめなの?」「それぞれの教材レビューだけじゃ違いがわからん!」という声がいっぱい(゜Д゜;)

ということで、考えました。

『よろしい、ならば徹底比較だ』

誰もが知りたい、下記の5項目が調査対象!

■ 売りポイント…一番の特徴は何?
■ 難易度…初心者向け?中級者向け?
■ 勉強方法…どこでもできる?家でしかできない?
■ 学習期間&学習時間…終了まで何ヶ月ぐらい?一日あたりの学習時間は?
■ コスパ…無理なく払える金額?その金額を出す価値はある?

微妙なとこは「ここはダメ」情け容赦なく叩きますΨ( `▽´ )Ψ

これを読めば、あなたに合った教材がわかる……!?

↓↓↓ではでは、徹底レビュー開始↓↓↓


「今回の教材ガチバトルは英会話教材の『ロゼッタストーン』と『アルク1000時間ヒアリングマラソン』でーす」


「この2つは辛口ランキングとかでも結構評判がいいよね」


路線は全然違うのに、両方とも好評価っていうのが面白いよねー。もちろん好き嫌いはあるだろうけど」


「両方とも、結構クセが強いよね。だがそれがいい」


「どっちが自分に合ってるのか? どっちが取り組みやすいのか?」



「レッツ 徹底比較~!」

ROUND1 特徴


「まずはそれぞれの特徴、一番の売りポイントいってみようか」


「これは真逆レベルに違うねー。『ロゼッタストーン』は『トレーニング中心』『話す』を徹底的に訓練できる。『ヒアリングマラソン』は『リスニング中心』で、あらゆる国の英語を『聞く』ことができる」


「『ロゼッタストーン』はトレーニング中心?どういうこと?」


「『ロゼッタストーン』はパソコンでの『問題演習』教材なんだ。クリックで写真を選んだり、マイクに向かって直接喋ったり、キーボードで直接入力したり」


「マイクに向かって話す? オンライン英会話じゃなくて?」

「うん。音声認識ソフトがついてるからね。誰に聞かれることなく発音チェックできるんだよ」


「うわぉ」


「対し、『ヒアリングマラソン』はテキストを見ながらCDを聞く、いわゆるリスニング系教材だね。こっちはCD+テキストのシンプル仕様。その分音声の種類に超こだわってて、アメリカにイギリスに非ネイティブに、とにかく世界各国のリアルな英語に触れられるようになってる。楽天の三木谷社長も『ヒアリングマラソン』を聞きまくったっていうから、教材のクオリティはお墨付き」


「なるほどね~。んじゃ、具体的にどんな英文が入ってるの?」


「『ロゼッタストーン』は基本的に短文で、会話文が多い。『ヒアリングマラソン』は長文がメインで、会話文やニュース、インタビュー、映画レビュー、フリートークその他もろもろ、色んな種類がある」


「そっか、『ロゼッタストーン』は話す教材だから短文メインで、『ヒアリングマラソン』は聴く教材だから長文メインなんだ」


「そういうこと! それぞれ、実力を付けやすいように最適なテーマを選んでるんだよ」

中心ポイント 文章の長さ 形式
ロゼッタストーン 話す(発音)中心 短文メイン パソコンソフト
ヒアリングマラソン リスニング中心 長文メイン CD+テキスト

ROUND2:難易度


「お次は難易度!英会話教材って難易度わかりにくいんだよね~」


「これはハッキリしてる。ロゼッタストーンが初心者向け、ヒアリングマラソンは中級以上


「ふむふむ。自分のレベルに合わせて選んだ方がいいってこと?」


「『ヒアリングマラソン』は『英検2級以上、TOEIC550点以上』って明言してるからね。そこに届かない人は『ロゼッタストーン』の方がいいんじゃないかな。ただ、センター試験で筆記リスニング合わせて160点程度以上取れるような、学生時代ある程度勉強した人だと『ロゼッタストーン』は正直かったるい


「かったるいとな!?」


「全部でレベル5まであるんだけど、レベル3より下はぶっちゃけ小学生レベルだからね。レベル1なんて単語の発音からだよ!いまさら『girl』や『apple』の発音練習をするのはさすがにちょっと気恥ずかしいっしょ?」


「簡単すぎるのも考えものだよね、張り合いないとやる気出ないし」


「簡単すぎるところは飛ばせばいいけど、そうはいってもね……。『ヒアリングマラソン』はその点、歯ごたえはバッチリ。全くの初心者や文法知識のない人だとキツいけど、取り上げられてる内容が面白いし、聞きごたえがあるはず。
英語に全く自信がない人、5年や10年のブランクが空いてる人、とにかく『話す』特訓がしたい人は『ロゼッタストーン』もアリだと思うけど、しっかり勉強してる人、スキルアップしたい人は『ヒアリングマラソン』の方が向いてるんじゃないかな」

ROUND3:勉強方法


「次に『勉強方法』いってみようかー」


「さっきも言ったけど、『ロゼッタストーン』は問題演習中心で、『ヒアリングマラソン』はリスニング中心だね。ただ、『ロゼッタストーン』の問題演習は『声を出す』のがポイントだから、声が出せないところでは効果が半減する。アプリ版もあるから、一応外でもできないことはないんだけど」


「『話す』トレーニングなのに声が出せないんじゃしょうがないもんね。やっぱり家でやるのがメインかな」


「だね。対し、『ヒアリングマラソン』はCD+テキストのセットだから、電車の中や車での移動中、静かな喫茶店とかでも勉強できるし、手が離せなくてもできる」


「なるほどー。場所選ばないのはいいね」


「ただし、ヒアリングマラソンは『聞き流し』はNG。ちゃんと真剣に聞くのが前提だよ」


「ロゼッタストーンも問題演習だから解かなきゃ始まらないし、どっちにしろ真剣に取り組まないとだね」

勉強方法 持ち運び形式
ロゼッタストーン 問題演習 パソコン&スマホアプリ
ヒアリングマラソン リスニング CD+テキスト

ROUND4:学習期間&学習時間


「お次は『学習期間&学習時間』!英会話は年単位で時間かかるっていうけど、この2つの教材はどうなの?」


「『ロゼッタストーン』はオプションのネット系学習コンテンツの有効期限が15か月あるよ。本編の分量的にも、そのぐらいかかると考えていいんじゃないかな。対する『ヒアリングマラソン』は12か月のコース”だね」


「ふむふむ。両方とも大体1年ちょいってとこか。一日辺りの推奨時間は?」


「『ロゼッタストーン』は特に推奨時間はないね。5~15分ぐらいの量で1コーナーになってるから、自分の好きな分量を解いていけばいい。毎日やるもよし、休みの日にまとめてやるもよし。一年間で終わらせるなら一日1時間ぐらいが目安だよ」


「なるほど。『ヒアリングマラソン』は?」


「一月分の音声のボリュームが140分ぐらいあって、これを自分のペースにあわせて聞いていく感じ。公式では『一日3時間』を推奨してるけど、自分のできる範囲でやるのが一番じゃないかな。CDには15種類ぐらいの音声が入ってるから、気に入った音声だけ何度も聞くって手もあるしね」

学習期間 教材が届く頻度 学習時間
ロゼッタストーン 15ヶ月(オンライン有効期間) 一括 推奨時間は特になし
(1年間で完了するなら1日1時間程度)
ヒアリングマラソン 12ヶ月 毎月送付 CDボリューム140分
(公式の推奨学習時間は1日3時間)

ROUND5:価格


「最後は『価格』いってみよー」


「定価は『ロゼッタストーン』が49,800円、『ヒアリングマラソン』が52,290円


「どっちも結構お値段張るねぇ」


「月額換算すれば『ロゼッタストーン』は4,150円、『ヒアリングマラソン』は4,358円だね。飲み会1~2回分ってとこか」


「そう言われるとなんか安く感じる」


「『ロゼッタストーン』も『ヒアリングマラソン』もボリュームたっぷりで、毎日がっつり取り組めるからね。1日1時間英会話教室に通うのと比べたら相当お得じゃないかな」


「あ、そっか。月謝制の英語教室に通ってると思えばいいのか」


「両方とも、その辺の駅前留学顔負けのクオリティだからね。好きな時に好きな場所でできるし」


「あれこれ本を買ったり英会話教室渡り歩くなら、この2つに集中した方がコスパいいよね」

定価 月額換算
ロゼッタストーン 79,800円(体験版プレイで59,800円に) 5,320円(体験版プレイで3,986円に)
ヒアリングマラソン 52,290円 4,358円

まとめ


「というわけで、『ロゼッタストーン』と『ヒアリングマラソン』を比較してきたけど、そろそろまとめに入ろうか」


『話し中心で訓練したいなら『ロゼッタストーン』、聴く中心で訓練したいなら『ヒアリングマラソン』ってとこかな。『ロゼッタストーン』は一人でも話す特訓できるし、ネイティブとのオンライン英会話もできる。『ヒアリングマラソン』は毎月新しいのが届くから話題が新鮮だし、話題がとにかく豊富で楽しめる」


「路線は真逆だけど、それぞれの路線で突き抜けてるよね」


「話す楽しさと特訓を突き詰めたのが『ロゼッタストーン』、聴く楽しさと特訓を突き詰めたのが『ヒアリングマラソン』だね」


「ふむふむ」


「ただ、『ロゼッタストーン』の場合、話すことがメインだから『実際に使う場』がないとイマイチ張り合いがないんだよね。内容は日常会話系だから、単調といえば単調だし、目的がないとボリュームこなすのしんどくなりそう」


「確かに『ロゼッタストーン』は旅行とか留学とか、実際に使う場がある人向けかも」


「対し、『ヒアリングマラソン』は長文中心な分、内容が面白い。海外に行かなくても、身近に英語話す人がいなくても、『ヒアリングマラソン』なら楽しく勉強し続けられると思う。海外俳優のインタビューとか映画の解説とか、読み応えバッチリだし」


「旅行や留学、出張みたいな『実際に使う場』がある場合は『ロゼッタストーン』、それ以外は『ヒアリングマラソン』って感じかな」


「うんうん、そんな感じ!どちらか一つと言われたら『ヒアリングマラソン』をすすめるけど、『話したい』人なら『ロゼッタストーン』も役に立つと思うよ」


「使い道とレベル別での相性は表にまとめたから、自分の目的に合わせた方を選んでね!」

  TOEIC 300点
~英検3級
500点
英検2級
800点
英検1級
日常・旅行 ロゼッタストーン ロゼッタストーン ロゼッタ / ヒアマラ
ビジネス ロゼッタストーン ヒアリングマラソン ヒアリングマラソン
試験対策 ロゼッタストーン ヒアリングマラソン ヒアリングマラソン

⇒ロゼッタストーンの英スタレビューへ

⇒ヒアリングマラソン販売サイトへ
⇒ヒアリングマラソンの英スタレビューへ