初めてオーブンに挑んだ日とホームシック

0
291

アメリカに来てから、オーブンデビューを果たす

唐突な質問ですが、みなさんって、オーブンの使い方には慣れてらっしゃいますか?

私はアメリカに来るまで、オーブン料理とは本当に無縁でした。

恥ずかしいことに、バレンタインの時でさえ男の子に手作りチョコやクッキーを作った事がないくらい、オーブンやお菓子作りと縁遠かったワタシ。

ちなみにお菓子作りに勤しんだのは、小4の「手作りお菓子クラブ」時代だけ。

その時でさえもオーブンではなくオーブントースターや電子レンジを使う始末。

とにかくアメリカで生活するまで、オーブンは私の生活に全く登場しなかったのです。

しかし、いざこちらに来てみると、どの家庭にも当然のようにあるオーブン

日本で言う、コンロの下にある魚を焼くところが、アメリカでは大きなストーブになってるんです。

また、料理が趣味の主人は、オーブンを駆使しまくってのクッキング。

突然オーブンがここまで身近になると、「オーブンって案外簡単なんじゃない?」と感じ始めました。

更には、「私も良い加減オーブンデビューしなくちゃ!」と強く思うようになったのです。

オーブンデビュー当日

そして、終にその日が終に訪れました。

「よし!今夜はグラタンを作ろう!」と奮い立ち、下準備を済ませ、いざオーブンに挑もうと思った瞬間。

「あ・・・。今日は旦那さんの帰宅が遅い日だった・・・。なんでこんな日に一人でオーブンに立ち向かおうと思ったんだろう・・・。」

と一気に不安な気持ちに。

使い方全然分かんないじゃん・・・。

しかし、手元にはオーブンに入るのを今かと待ち構えるグラタンが。

仕方がない!やるしかない!とオーブンの温度を設定しようとしたら、アメリカは摂氏じゃなく、華氏だった~!!

急いでパソコンで摂氏を華氏に変換し、温度設定。

次は時間設定・・・と思っても、オーブンの火力がどんなものなのか想像もつかない私。

「よく分からないけど、日本の自宅のオーブントースターだと20~30分入れてればそれなりにグラタンができるから、とりあえず20分はオーブンに入れてみよう」

とグラタンをオーブンにイン!

しかし、20分してオーブンを開けてみても、まだつめた~いままのグラタン。

何の変化もないではありませんか・・・。

そうなのです。

予熱にめっちゃ時間がかかるのです。

本来なら、グラタンの下準備をする前から予熱をスタートするべきでした。

出来上がったグラタンと、突如訪れたホームシック

そんなこんなのドタバタ劇を経て、簡単に出来るはずのグラタンが、1時間以上もオーブンと奮闘する羽目に。

そして、出来上がった頃には、もう気持ちは萎え萎え。

また、出来上がったグラタンをオーブンから取り出そうにも、熱気が熱いわ、グラタン皿が重いわで、結局オーブンから直接お皿にグラタンをすくい入れる羽目に・・・。

もう必死です。

そして、一通りオーブンと格闘し終わった後、ふと

絶対こんな大変な思いしてオーブンを使っているの、この町で私一人だけや・・・

と訳の分からん悲劇のヒロイン状態に陥ってしまったワタシ。

オーブンがブイ~ンと音を出す度にビビりまくり、冷や汗なのかオーブンの熱が暑くての汗なのか、なんだかよく分からない汗をダラダラかきまくりの私。

出来上がったグラタンを一口食べてみても、味は日本で作ったときと同じなのに、アメリカでのこの状況がやけに悲しく思えてきました%。

そして、それまであまり恋しいと思わなかった日本が突然恋しくなり、切な~い気持ちに。

海外に来ると、ホームシックはつき物。

大抵は英語が分からないとか、友達がなかなかできないとか、そんな理由から。

でも、私の場合はこのオーブンが引き金でした。

誰に言っても笑われてしまいそうなこのホームシックの原因。

オーブンが駆使できるようになった今だからこそ、笑い話となっています。