英スタは、本気で英語を極めているメンバーが英語教材や書籍を本気でレビューしていくサイトです。海外コラムやオモシロ英語動画紹介など、英語を勉強中の方が楽しく、無駄なく、賢く勉強を進めていくための情報も提供しています。もっとシンプルに言うと…どの英語教材が良いのかよくわかんないから、総額500万円ぐらい買ってレビュー中!

TOEICで一番オイシイのは800点!その理由と攻略法とは?

英スタの記事を作成する中で、「この情報はまとめた方が良いなぁ」と思ったものを 【特集】としてまとめていきます。

pagetop

TOEICで一番オイシイのは800点!その理由と攻略法とは?

TOEICを受ける人の本音……それは『TOEICでオイシイ思いがしたい』じゃないかな。中には自分の実力を確認したいとか、資格マニアとか、学校や会社で受けさせられてる人もいるかもしれないけど、自分で望んで受けて、しかも高得点を狙っている人の多くは『TOEICで高得点を取るとイイコトがあるから』だと思う。

ぶっちゃけ、それでいいと思うんだ(笑)TOEICが就活や進学その他で重視されてるのは事実だしね。

というわけで、今回は『TOEICでオイシイ思いがしたい!』という人のために『何点取ればオイシイ思いができるのか?』を特集してみるよ!



TOEICで一番オイシイのは『800点』!

TOEICでオイシイ思いをしたいなら、まず『一番コスパがいい目標点』を探る必要がある。英語の実力はさておき、『いい評価をされる・有利になる点数』は何点だろう?

答えは『800点』。

なぜ800点かというと

1.就活で明らかに有利になる

2.凡人でも手が届く

この『外せない2点』をがっちり押さえている点数だからだ!

というわけで、一つ一つを詳しく見ていこう。

1.就活で明らかに有利になるのが『800点』!

就活をキッカケにTOEICを受ける人は多い。たぶん、本気で高得点を目指すキッカケNo.1。それなら、ただ受けるだけじゃなくて『どう見ても有利』な点数を狙った方がいいよね。

就活では、何点を取れば有利なのか?

ざっくりいうとこんな感じ。

600点:履歴書に書ける最低レベル

800点:大手企業が振り向いてくれるレベル

900点:ガチで英語が必要な会社が求めるレベル

具体的に『TOEICの点数を採用基準にする』と言っている大手企業の一覧を見てみよう!

900点 松下電器・サムスン
860点 富士通・三菱商事
850点 nttコミュニケーションズ
800点 日立製作所・kddi・住友不動産・野村不動産
750点 三菱商事・三井物産・楽天
730点 日本ibm・住友商事・ソフトバンク
700点 ntt東日本・キリンビール・シャープ
650点 日立製作所・アサヒビール
600点 富士通・トヨタ自動車・nec・キャノン

見ての通り、800点を取るとほとんどの大企業に挑戦できる。800点より上を要求してる企業は日常業務で英語を使わせる気マンマンなので、英語で仕事をしたい人以外には正直オススメしづらい(笑)さらに言うと、これは『最低限の点数』の一覧。600点を求めてる企業に800点で行ったら有利になる可能性は高いよね。

しかも、世の中には『TOEIC800点以上』でソートかけられる求人サイトなんてものまである。

http://aoyagi-webshop.com/

これを見ても、就活での『TOEIC800点』の影響力の大きさがわかる。ぶっちゃけ、600点は『平均よりちょっと上』程度、アピールとしては弱い。『オイシイ思いがしたい!』なら800まで頑張って損はないんじゃないかな。



2.凡人でも手が届く点数だから

『TOEIC800点』とだけ聞くと、かなりの英語の使い手に聞こえるかもしれないけれど、実はそうでもない(笑)。というのも、TOEICは『300点から800点を目指すより、800点から900点を目指す方がしんどい』から。

なんでかっていうと『基礎と応用合わせて80点取れ』と『応用だけで80点取れ』では難易度が違いすぎるから。

300点から800点に上げるために必要なのは『基礎問題を確実に取り、応用問題にも手を付ける』こと。でも900点に必要なのは『基礎は目をつぶってても解ける、応用もすらすら解ける』こと。

……どっちが大変なのか、言わなくてもわかるよね?

しかも、上の表のとおり、メリット的には800点と900点は大差ない。TOEICと英会話力は別物だから、TOEIC900点を取ったからといって英語がペラペラになるわけじゃないし。どうしても受けたい企業が900点を求めている場合以外は、800点で止めて別のところに力を注いだ方がずっと効率的というわけ。



じゃあ、具体的に何をすればいいの?

というわけで『TOEICでオイシイ思いをする』ためには800点を目指すのが一番いい。「じゃあ、どうやって800点取るの?」って話だけど……

まず、800点を目指すときには、2つのステップが必要になる。

1.600点を確実に取る

800点を目指す場合『基礎問題は確実に取れる』のが大前提。この『基礎問題を確実に取れる』証拠が600点なんだ。600点を取れない人はまず基礎ができていない可能性が高いので、600点を確実に取れる勉強をしよう。

英スタでも600点の取り方を詳しく解説してるよ!

→600点特集へ



2.800点を目指す

「600点は確実に取れる!」と確信が持てたら、800点に挑戦。ここで700点とか挟む必要はない。一気に600点→800点を目指そう。

600点→800点を目指すポイントは

  • 捨て箇所を決める
  • リスニングとリーディング、得意な方を強化する
  • 単語強化
  • 時間管理

この4つだよ。一つずつ見ていこう。

■捨て箇所を決める

800点は『全問正解するほどのストイックさはいらないけど、ポカミスして取れる点でもない』のがミソ。つまり『押さえるべき問題は絶対に押さえる』のが基本。と同時に『挑んでもしょうがない問題は潔く捨てる』という判断力も試される。解けない問題に手を出して時間を浪費している暇はない。具体的には、『知らない単語』『熟読が求められる長文』『うまく聞き取れなかったリスニング』はさっさと諦めて、取れる問題を確実に取っていくようにしよう。

■リスニングとリーディング、得意な方を強化する

 TOEICは『リスニング』と『リーディング』に分かれている。「自分はこの2つのうちどっちが得意なんだろう」と考え、得意な方を伸ばす戦術を取っていくんだ。もちろん片方が全然ガタガタじゃ話にならないけど、苦手な方に力を注ぐよりは得意な方を伸ばした方がたどり着きやすいよ。

■単語の強化

 捨て箇所でも話をしたとおり、『知らない単語は手の出しようがない』のがTOEIC。消去法って手もあるけど、そもそも単語を知らなきゃ消去法も使えない(笑)。TOEICは『単語力がある=即答できる問題が増える=スコアアップ』という面がある。600点を超えていれば基礎文法は問題ないから、単語に力を入れよう。使うのはもちろん『TOEIC特化の単語帳』。欲しいのは英語力じゃない、800点だと考えて、800点のために役立つ勉強をしよう。

■時間管理

 800点で一番やってはいけないのが『タイムオーバー』。時間内に最後までたどり着かないようじゃ話にならないし、ギリギリセーフでも危ない。……と頭ではわかっていても、怒涛の200問を相手に時間の余裕を持つことは想像以上に難しい。

なので『勉強の段階から』制限時間を意識し続けよう。問題を解くときはタイマーやストップウォッチを使って時間を計り、自分の中に解答のリズム、問題を飛ばすかどうかを判断するタイミングを決める。ここは習うより慣れよなので、とにかく繰り返そう。



TOEIC600点と800点の勉強法の最大の違い

……と、ざっとTOEIC800点のメリットと勉強法を説明してきたけど、まだ語っていないことが一つある。

実は、『TOEIC600点の勉強法』『TOEIC800点の勉強法』には、『勉強内容以前の違い』があるんだ。

それは

週1の勉強でどうにかなるか、ならないか

の違い。

TOEICの点数は3ケタだからイマイチわかりづらいんだけど、要するに『TOEIC600点=平均点55のテストで60点を取る』『TOEIC800点=平均55点のテストで80点取る』なんだ。平均点よりちょっと上なら週1の勉強や試験直前の猛勉強だけで取れるだろうけど、平均点より明らかに高い点数を取るのは難しいよね。

つまり、TOEIC800点を取るには『毎日コツコツ勉強する』ことが欠かせないってわけ。

……うん、「毎日コツコツできるなら苦労しないわ!!」ってツッコミたいのはわかる、とってもよくわかる(笑)

そこで提案したいのが『勉強の習慣化』。習慣っていうのは『何も考えなくても手を付けられる』ってこと。つまり「勉強しなきゃー、今日はどこからどこまでやろうかなー、たるいなー」って考えることなく『あー、今日はこれね』ってこなしていける仕組みを作るんだ。これが800点を目指すときに肝心なこと。

とはいえ、一人で習慣化を目指してあれこれ予定を組むのは大変だよね。

そういう時は、プロの手を借りてしまうのが一番手っ取り早い。

英スタ的にオススメなのは''『TOEIC(R)テスト 800点攻略プログラム』。一日に何をどれだけやればいいか教材が決めてくれてるから、それに従って勉強していくだけでいい。800点に最適な内容になってるから追加教材を買う必要もなく、まさに『習慣的に取り組む』のにうってつけ。

残念ながら、800点は市販の対策本1冊でどうにかなるほど甘くはない。オイシイ思いをするにはちょっとは頑張らないとね(笑)でも、無駄な頑張りをする必要もない。TOEIC800点を効率的にとってオイシイ思いをするなら、プロの力を借りて確実な勉強をするのも悪くないんじゃないかな。

更新日:2015年02月02日

お役に立ちましたらぜひシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人はらしょーから、英語教材購入に悩むあなたへ
偏差値40代、通知表は『2』のオンパレード…… アルファベットすら見たくなかったところから 英検1級、TOEIC900点まで駆け上がった僕が

ガチで使える英語教材を見抜く『3つの秘訣』を 今、この場で“まるっと公開”しちゃいます!

特集の記事一覧へ

初めて当サイトをご覧の方、英語教材探しで悩んでいる方はまずこちらをご覧ください。総額100万円以上、英語教材を買った上での結論をまとめました。
英語教材選び虎の巻


メールマガジン

~サイトには書けなかった話満載~ 英スタ!教材レビュー通信

過激すぎてサイトに掲載okがでなかった(゜Д゜;)
そんな話を紹介する、 英語教材・学習法ぶった切りメルマガです。

「聞き流し」の英会話教材ってぶっちゃけどうなの?
○○日間無料お試しみたいな教材って本当に無料なの?
・結局どの英語教材が良いの?
・っていうか、英語教材の価格って高すぎない?
中学レベルの英語もできない人はどうやって勉強すれば良いの?
とにかく安く英語の勉強がしたいんだけれど・・
・TOEICの勉強ってどうやってやれば良いの?

..などなど、英語学習教材の「実際どーなの?」という疑問にお答えしています(σ・∀・)σ

英スタ!編集部の「本音」を知りたい人だけ登録してください。

お名前
メールアドレス


管理人プロフィール

はらしょー

◆バカでもTOEIC900&英語ぺらぺら
高1時代の英語偏差値48、通知表は「2」「3」

そんな僕が…↓

・18歳で英検1級、TOEIC900点を取得
・大学は早稲田&上智合格
・20代で翻訳者として起業


英語はバカでもできる!を我が身で証明してきた僕が、 あなたにピッタリの英語教材を探し出します!

100万突っ込んだ教材の山の中から「これはいい」と思えたものをたっぷりと紹介したい。

4大TOEIC教材比較
結局どのTOEIC教材が良いの?

巷に溢れるTOEIC教材

その中でもよく見る4つの教材に絞って、徹底レビュー中です。正直、書籍以下のNG教材もあったので、コレを読んで騙されないように!

通信教材は、書籍と比べ値段が高いですが、その分の価値があるのか?そもそも何が違いのか?

そんな気になる疑問にお答えします。

>>TOEIC特集ページへ<<


管理人はらしょーの英語の師匠、溝江達英先生のYoutubeチャンネルが始まりました!

>>溝江ちゃんねるへ<<

メールマガジン

英スタ!教材レビュー通信(サイトには書けなかった話)

過激すぎてサイトに掲載okがでなかった(゜Д゜;)
そんな話を紹介する、 英語教材・学習法ぶった切りメルマガです。

英スタ!編集部の「本音」を
知りたい人だけ登録してください。

お名前
メールアドレス