海外通販の初心者は「セカイモン」がオススメ!全部日本語でOKの個人輸入入門

1
479

最近の円高で、個人輸入に興味をもたれている方も多いのではないでしょうか?日本では売っていないものや、日本では高く売られているのに海外では安く手に入るもの。

買ってみたいけど、英語力に自信がないし何をどうしたらいいのかわからない・・・。という方にオススメの個人輸入の始め方、教えちゃいます!

初めての方はセカイモン!

eBayって聞いたことがありませんか?
アメリカで始まったネットオークションサイトで、世界最多の利用者数を誇るサービスです。

ebay_supported_countries

でもeBayはもちろん全部英語・・・見ているだけで疲れちゃう!

ウインドウショッピングなら良いけれど、実際購入となると手続きもよくわからないし・・・。

住所の書き方は?電話番号はどうやって伝えたらいいの??支払いは?海外のよく知らない人にカード番号を教えなきゃいけないの?不安は山積み・・・。

そんな方におすすめなのが、セカイモン。(クリックでセカイモンのTOPページが開きます)

セカイモン

あまり知られていませんが、実はeBayはヤフオクと提携していて日本語での購買代行もできるのです!この購買代行サービスのサイトがセカイモン

住所なども日本語で登録すればOK、支払い方法もきちんと日本語で説明してありますし、勿論日本語でのお問い合わせもあります。

商品もヤフオクのように日本語でカテゴリ分けがされていて、クリックだけで欲しいものを探すことができます。

1

カテゴリを選んで、お目当ての商品やブランド名で検索するだけ!価格もドルだといちいち計算が面倒ですが、円で表示してくれるのでわかりやすいです。

3

こんな感じ。

出品者の国や、新品か中古か、もちろん価格帯などでも絞り込むことができます。商品ページには送料や手数料を含めた、更にわかりやすい金額の説明が出てきます。

4

説明分は出品者が記入したままのものが表示されますが、「日本語に翻訳」というボタンを押すとGoogle翻訳の結果ページに飛ばしてくれます。

5

これがこうなる・・・↓

6

まあまあ・・・言いたいことはわかる程度ですが(笑)個人輸入を考えているときは欲しいものもハッキリしていると思いますので、商品説明はこの程度で充分なのではないでしょうか。

現地通貨(ドル・ポンド・ユーロ)でも日本円でも表示・入力できるので安心ですね。

7

表示をドルにしてみると・・・↓

8

それぞれこんな感じ。表示を現地通貨にしていても、最終的な支払い額は日本円で表示してくれます。

トラブル時はどうするの?

問題はここから!

落札や購入は日本語でできるけれど、もし輸送中にトラブルがあったり、違うものが届いたりしたらどうしよう・・・。というのがいちばんの不安だと思います。

ここがセカイモンのイチオシポイント!セカイモンでは現地国内の物流センターで出品者から荷物を受け取り、破損や商品の相違を確認してくれます。

これをクリアしてから日本に送ってくれますので、トラブル時のことを心配しなくて良いのがイイですよね。

その他にも、おなじ国で落札・購入したものであれば最大30日まで現地国内の物流センターに留め置くことができ、まとめて発送してもらうことが可能です。これは大幅に国際送料が節約できるのでとっても便利なシステム!

気になる手数料や関税は?

手厚いサポートにはやはり、手数料がかかります。

セカイモン手数料は基本的に購入(落札)価格の15%、または800円。15%の金額が800円以下のときは800円が適用されます。

値段の低いものをひとつだけ買うときなどは割高感の否めない手数料ですが、いくつかお買い物をして、前述の留め置きサービスを利用して国際送料を抑えられれば逆にお得になるケースもありそうです。

関税は基本的に課税対象額(購入金額の60%)×関税率が関税額となります。関税率はモノによって違いますが、大まかには

(A)課税対象額が1万円以下:
関税・日本国内消費税はかかりません(以下の適用外品目を除く)
適用外品目: 皮革製バッグ、革製手袋、履物、パンティストッキング、タイツ、革靴、編物製衣類(Tシャツ、セーター等)

(B)課税対象額が1万円以上、10万円以下:
簡易税率が適用され、日本国内消費税がかかります(以下の適用外品目を除く)
適用外品目: 食肉調製品、革製品、ハンドバッグ、ニット製衣類、履物など

こんな風になっています。

税率を詳しく調べたいときは、財務省の税率表をチェックしてみてくださいね!

最終的にかかる費用は?

個人輸入では、基本的に商品代金の他に以下の費用がかかります。

・現地国の消費税
・国際送料
・日本での消費税
・関税

セカイモンでのお買い物の場合は、一旦現地の物流センターに送られますので、太字の分が追加されて

・現地国内送料
・現地国の消費税
・セカイモン手数料
・国際送料
・日本での消費税
・関税

こんな内訳になってきますね。

支払い方法はクレジットカードや前払いも選べますが、これから「手数料がもったいない!自分でやってみたい!」と思うようになったときのために、PayPalを使ってみるのがおすすめです。

PayPalはオンラインでカード番号などを相手方に知らせることなく金額をやり取りできるサービスで、eBayなど購買代行業者を通さず個人対個人でやりとりするようになった時とても便利なので、日本語で登録して一度使ってみると後々英語オンリーでの取引になった時、パニックにならずに済みますよ!

コツをおさえれば、挨拶より簡単な個人輸入

いかがでしたか?

英語に自信がなくても、セカイモンなら簡単に個人輸入ができちゃいます!

まずはセカイモンを使って個人輸入の流れや関税、PayPalの使い方などに慣れてみると次のステップへ進みやすいと思います。

どんなに英語に自信がなくたって、中学3年間基礎を学んでいれば、大体の英語はわかるハズなのです。

会話だと焦ってしまったり聞き取れなかったりしますが、個人輸入ならディスプレイの英語と辞書を見比べるだけ。難易度は意外と低いんですよ!

次回はセカイモンからひとつステップアップして、中級編としてeBayでのお買い物について書いていきますのでそちらもお楽しみに^^

セカイモン。(クリックでセカイモンのTOPページが開きます)

1コメント

Comments are closed.