Hapa英会話の評価レビュー。海外旅行者向け!スピークナチュラルとも比較。口コミも

0
304

『海外旅行にいく前にやるならコレ』

お得度 14点/20点
手軽さ 14点/20点
オリジナリティ 13点/20点
信頼度 15点/20点
満足度 14点/20点
合計 70点/100点

公式動画ではサンプル音声も公開されてるよ!(40秒ぐらいから)

ざっくり言って、どんな教材なの?

海外旅行中に『最低限必要な英語のやりとり』を身に着けるためのトレーニング教材。

文法の解説をあえてなくし『考える』より『覚える』を優先させるという、実用性に特化した一品。

教材に使われているのは作者が今住んでいるロサンゼルスの現地住民の会話。現地のやり取りをそのまま教材にしているので、実用性は抜群。

海外旅行用に完全に特化し、ツボを押さえた内容に絞り込まれているので「海外旅行を楽しむためのに英語を覚えたい」なら効果はある。ただし知識部分の解説はゼロなので、英語力を引き上げたりテスト対策に使うには向いてない。

どんな特長があるの?

なんと、文法が一切載っていない。つまり『どうしてこの訳になるのか』の説明は一切なし。操作方法を覚えるように、『このときはこう言うんだ』という素直さが大事(笑)考えなくていいのは助かるよね

文法を載せない代わりに、この教材はとにかく『会話の流れ』を重視している。会話が始まったときに何を聞いて、何を言えばいいのかを押さえられるような仕組みになっているんだ。

具体的に言うと、CDに収録されている音声は

『話を聞く場合』は『英語→日本語』の順

『自分たちが話す場合』は『日本語→英語』の順

になっている。

例えば、お店で注文するやり取りなら『店員から聞かれること』は『英語→日本語』、『こちらが注文する内容』は『日本語→英語』の順。現地に行ったときのシミュレーションをしながら覚えられるってわけだ。

また、現地で困らないよう、ネイティブならではの言い回しや日本にはない常識を取りあげていて、ちゃんと使うシチュエーションまで考えられている。なぜかロサンゼルスのおいしいお店一覧までついている(笑)

テキスト後半ではカタカナ英語と実際の英語の言い回しの違いについて触れるなど、うっかりやりがちなミスまで先回りしてカバーしてくれていて、シンプルながらかゆいところに手が届くようになっている。

スピークナチュラルと何が違うの?

英スタでイチオシの初心者向け英会話教材といえば『スピークナチュラル』。なんだけど、実はこの『Hapa英会話』はスピークナチュラルによく似てたりする。『会話のパターンを覚える』『日本語を聞いて英訳を言えるように練習する』という点は同じなんだよね。

ただ、Hapa英会話とスピークナチュラルには大きな違いがひとつある。

それは『音声のスピード』。『Hapa英会話』の音声は『よくある英会話教材のスピード』なので、完全初心者には早く感じるかもしれない。さらに言うと、付属DVDはネイティブの会話風景をそのまま撮ってるので、ハッキリ言って早い。

対する『スピークナチュラル』はスロー音声を売りにしてるだけあって、噛んで含めるようにゆっくり発音してくれる。この点は正直言って『スピークナチュラル』に軍配が上がる。

とはいえ、海外で相手がゆっくり発音してくれる保証などどこにもないわけで……海外旅行のためと割り切るなら、ナチュラルな速度に近い『Hapa英会話』で耳を慣らすのも手だよ。

あけてみた

……ってなわけで、現物を開封してみよ~!

教材はこんな感じの箱に入って届くよ。シンプルな白い箱、会社名は『チカラインターナショナル』なので英語教材だとバレる心配はないんじゃないかな。

中身を全部出すとこんな感じ!

パッと見少なく見えるけど(笑)CDケースには6枚ほどのCDがはいってるので、実際は結構ボリューミー。

テキストを開いてみると、こんな感じ。

左側のページを見ると分かるように、『店員の発言』と『購入者の発言』が分けて書かれている。この教材では音声を聞く前にこの『会話の流れ』を目で確認するんだ。

確認したら、出てくる単語をサラッと確認して、実際に音声を聞いていく。『聞く側』のときは『英語→日本語』、『話す側』のときは『日本語→英語』の順で音声が流れるので、実際に英語を使っているときのイメージがしやすい。

で、一日の勉強の締めくくりに画像右側のようなミニテストコーナーがある。紙で文章の一部を隠して、ちゃんと聞き取れるか/喋れるかを確認するんだ。なんともアナログな方式

全体を見ての通り、内容はかなりシンプル。イラストでちょっとだけ親しみやすさを加えているものの、これそのものが面白いってわけではない。まあ、だからこそ本当に最低限に絞り込んであるんだけどね!

難易度は?

この教材は『海外旅行で使う・触れる英語』に特化しているので、基本的な難易度は低め。ただ、音声はナチュラルスピードだし、付属DVDに至っては現地の人の会話の様子がそのまま収録されているのでかなり早く感じる。文章の難易度はやさしいけど、リスニングとしてはやさしいとまでは言えないんじゃないかな。海外旅行で現地の人がゆっくり喋ってくれる保証はないから、慣れるためだと割り切るのも手だよ。

ちまたの評判

……と、英スタのレビューだけじゃイマイチ信用ならないと思うので(笑)、『Hapa英会話』を実際に使っている人のレビューを集めてみたよ!

こんな感じで、ネットではおおむね好評^^

返金保証はどうなの?

この教材、他の教材とは一味違う返金保証がついている。

どういうことかというと

● 商品を開封済みでOK

● 返金受付は購入90日後~365日後

● 電話連絡不要

特に特徴的なのが『開封済みOK』と『返金受付期間』。

要するに『3ヶ月取り組んでダメだったら返金します、だからまずはちゃんとやってね』ってわけ。一週間以内に返せとか本編開けたら返品不可とか言ってくるところに比べるとかなり良心的。まあ3ヶ月使ったものをいらないって返す人なんかそうそういないしね

ちなみに返品時の送料は購入者持ち。これはどの会社も同じだね。中々思い切った返金保証をつけてるといえるんじゃないかな。

まとめると……

『海外旅行、最低限これを覚えれば何とかなる』に特化した教材。問答無用で覚える教材なので英語力の底上げに繋がるかといわれると疑問だけど、『海外旅行に必要なリスニング・スピーキング』を効率的に鍛えられるのは嬉しい。

また、英語教材の中では比較的リーズナブルな上に90日の返金保証がついている点も安心といえば安心。『1日30分の学習で30日後には英語が話せる』という謳い文句は『特定のシチュエーションでのやりとりが可能になる』という意味では事実。ただし英語がペラペラになるわけじゃないのでそこは注意(笑)

まとめると

『海外旅行前に、駆け込みで必要最低限の英語を身につけたい人のための教材。

ニーズが合うなら、やってみる価値はある』

海外旅行で困らなければそれでOK!って人は、手にしてみるのもアリだと思うよ。

>30名の体験者の声を聞く<

>DVDのサンプルをチェックする<

>いまだけの6つの特典を見る<

>よくある質問のQ&Aをチェック!<