アメリカのゴミ分別事情

0
199

日本のゴミ分別意識

住んでいる地域にもよると思いますが、

日本人ってゴミの分別意識が本当にしっかりしている!!

大まかな所で言えば、

不燃物可燃物

ビンペットボトル粗大ゴミ

各ゴミの種類によってゴミ出しの日も決まっていて、結構ちゃんとみんな守っています。

また、住まいのゴミだけでなく、オフィスや公園や駅等のゴミ箱でもそういった分別がしっかり行き届いているのが日本ではないでしょうか。

アメリカのゴミの出し方

ゴミの分別意識をある程度持った日本人として、

私がアメリカに来た当初一番心を痛めたのが、

不燃物も可燃物も区別せず、じゃんじゃん一緒にゴミに出すことでした。

こ、これ、思いっきりお肉が入ってたパックですけど・・・というプラスチックも、

人参のヘタと一緒にポイ。

ビニール袋だって、パックだって、全部生ゴミと一緒です。

また、住まいがマンションだとダストシュートがあり、四六時中ゴミが出せる状況。

一軒家の場合は、大きな大きなタイヤ付きのゴミ箱にゴミをまとめ、ゴミの日に家の外に出しておけば、収集してくれるという仕組み。

ゴミを出すことに関して、かなり楽な環境ではありますが、

「エ・・・?良いの・・・?」と思ってしまう状態なのです。

アメリカのゴミの分別

ただ、ゴミ分別に細々していないアメリカ人でも、一応

アメリカ流ゴミ分別システム

は存在します。

それは、ペットボトルとビンと缶

でも、日本と違うのが、全部一緒ごたに出しちゃってオッケーなところ。

ペットボトルはペットボトル・・・と分けないんです。

更に謎なのが、分厚めの紙は絶対別出しということ。

そこを分別できるなら、不燃物も別にしようよ!

と思う訳ですが、

ティッシュ箱、紙のパッケージ、段ボール、チラシ、新聞、洒落たラッピングペーパー・・・といった分厚い紙は

きちんと分別され、まとめてゴミに出されます。

その辺の意識の違い、ナゾ・・・。

分別は面倒・・・

そんな日本人的ゴミ分別意識について、一度義母に話したことがありました。

すると、

「なんて素晴らしいの!私も可燃物、不燃物を分けた方が良いと思うわ!環境のためにアメリカもそういう風にして行かなくちゃダメだと思う!」

と大賛同を得ました。

しかし、そんなことを言った矢先から、ブドウの入ったプラスチックケースをブドウの軸と一緒にゴミ箱にポイ。

やっぱり完全なルールがない限り、面倒臭さに人間は勝てないものですね。