写真の笑顔にうるさいアメリカ人

0
263

写真を撮られるときの表情

はい、チーズ!

写真を撮られるとき、あなたはどんな表情で写りますか?

キメ顔、お気に入り顔、等々、人それぞれの写り方ってありますよね。

ちなみに、

アメリカ人に写真を撮ってもらう、

又は

アメリカ人に自分や家族の写った写真を見せると、

日本人の写り方に大抵「イチャモン」が付くのです。

アメリカ人の日本人に対するイチャモン

そのイチャモンと言うのが、

笑顔のあり方

日本人って、カメラを向けられた時、

全員が全員、歯を見せて大きく笑って見せたりしません。

口を閉じて、微笑んで写される人ってすごく多いと思うんです。

が、アメリカ人に言わせると、それは

笑ってない

と映るようで。

いやいや、口元も目元も明らかに微笑みモードやん!

と思うのですが、

アメリカ人がカメラマンであれば、その微笑みは永遠に

Smile!!!!(笑って!!)”

と言われる顔なのです。

また、出来上がった写真を人に見せても

この人はなんで笑ってないの

という疑問を投げつけられる訳で。

いやいや、別にそんな笑うことを求めんといてよ!と思う訳ですが、彼らは真剣です。

アメリカ人にとって、写真の写り方は笑顔がマスト

そして、その笑顔というのも、

– 口を開け、
– 歯を見せて、
– 朗らかに明るく
笑う!!

ことのようなのです。

アメリカ人たちの笑顔

これだけ笑顔にうるさい彼ら。

じゃあ、自分の写真の写り方はどないやねん!!!

と思うのですが、

悔しいことに彼らは自分の決め笑顔をしっかり持っていらっしゃる。

小さい時からあらゆる場面で鍛え上げられているのでしょうか。

勿論口元はきれいにオープン。

白い歯を自然にアピール。

目元も良い感じに喜びを醸し出しています。

運転免許証の写真までそんな風に写っているのだから、驚きです。

・・・。

そら、こんなんを「写真撮るときの笑顔」と呼ぶなら、

日本人の大抵の人の写り方は、「真顔」って言われるわ!

でも、確かに後で振り返ると、口をつぐんで写っているより、歯を見せて笑顔で写っている方が良い写真に思えます。

ここで一度、アメリカ人流笑顔を練習してみませんか?

写真に写る自分が華やかになって損することはありませんよね。

前の記事「カミングアウト」と "Coming Out"
次の記事中華料理店でよく見る "MSG" って何?
幼少時代から父親の仕事の都合で転校続き。小学校は国内外問わず5回も転校。英語漬になったは15歳から。 その移動癖は大人になっても変わらず、2010年にはアメリカ人と結婚し、現在ワシトンDC近郊にて生活中。 日本の中学校で学んだ正しいと信じてきた英語は、一歩海外に出ると覆されることばかり。コラムでは、実は人見知りでアメリカ人がちょっぴり苦手な私の役に立つ英語失敗談をご紹介したい。 趣味は旅行、語学、料理、ヨガ。興味は、健康、子供、教育。