日本人に多い「っあ・・・」

0
303

日本語に多い「っあ・・・」

自分を含め、英語を話す日本人を通して、知った事実があります。

それは、日本人は何かと英会話に

「っあ・・・」

を盛り込んでしまうということ。

日本人は、

道で人にぶつかった時の「っあ、すみません」とか、

電車に乗り間違えた時の「っあ、間違えた」とか、

先生に当てられた時の「っあ、はい」とか、

「っあ・・・」をとにかく、とっさに言ってしまう。

しかも、「っあ・・・」を言うことは決して間違いじゃないから、特別言わないようにしように意識している人もいないですよね。

「っあ・・・」が英語にも登場

しかし、その

「っあ・・・」癖が、英語に出て来てしまうと、

いきなり英語が日本人っぽくなってしまうのが難点。

返事にも

“っあ、yes.” とか、

“っあ、no, no.” とか

言っちゃうだけで、yesno みたいな簡単な発音でも

いきなりベッタベタの英語に聞こえてしまう。

しかも、この「っあ・・・」は、

英語で言う “Oh!” の感嘆ともニュアンスがどこか違うから、

英語に盛り込んでしまうと、一気に日本人ぽ~い英語に聞こえてしまうんです。

母国語のクセを知る

母国語の独特のクセって、外国語を話すと結構出て来てしまうもの。

それに気付くことは、母国語を知ることでもあると同時に、

外国語をより外国語らしくなる話せるようになる第一歩と言えるのでは。

ちなみに、日本語ペラペラの主人

日本語を話す時に、逆にこの「っあ・・・」をよく言っています。

本人は特に意識している訳ではないようですが、

それが日本人に”「外国人と話してる気がしない」と言われる一つの要因となっているような気がします。

母国語、外国語のクセを知るって、よりその国の言葉「らしさ」に近づくコツなのかもしれません。