アメリカ流冷えピタ

0
24

頭痛や熱の時に

海外に住んでいると、日本のちょっとした物突然恋しくなるもので。

体調を崩し、弱っている時は特にそうなんです。

そういった時は、大抵その矛先は食べ物。

しかし、先日頭が重くて、熱っぽく感じた私は、

「あ~~~、冷えピタが欲しいー」

冷えピタ欲しい度がMAXに。

日本でも冷えピタなんてそんなに使わなかったにも関わらず、

なぜかここへ来て

あのひんやりがおでこに欲しい

あのシートを頭に貼りたい

と、なった訳です。

主人が提案した冷えピタの代替品

伝えてみたところで、冷えピタが手に入る訳ではないのですが、

あまりにも冷えピタが欲しいので、その欲望を主人に伝えてみました。

主人に伝えることで、冷えピタ欲しい!の気持ちが若干は減ると思ったのです。

すると、

頭冷やしたいの?

と主人。

そうなんです、私は今頭を冷やしたいんです!

と、一通り自分の症状を伝え、何故自分に今冷えピタがどうしても必要かをアピールすると、

“Why don’t you put corn on your head?”

とマジな顔。

えっ。

今なんておっしゃいました・・・?

こ、コーン・・・!?

って、あのトウモロコシってやつですかい!?

コレを頭痛のする頭に乗せろと!?

アメリカでは頭痛にはトウモロコシなの!?

風邪をひいたらネギを首に巻けっていう民間療法よりも荒手じゃないですか?

アメリカ式頭を冷やす方法

完全に言葉を失う私に、

「も、もしかして、トウモロコシ一本丸ごとを頭に乗せるって想像してない!?

と主人の飽きれた声。

え・・・、今トウモロコシだって言ったの、そっちじゃん。

すると、

A bag of corn(コーンが入った袋)のことだよ!

アメリカ人家庭の冷凍庫には、大抵コーンの袋が入ってて、

熱や頭痛の時には、それを頭に乗せるってわけ。

氷と違って、コーンが入った袋は頭の形にも沿いやすいから、

コーンの冷凍の袋が使われるんだよ」

と教えてくれました。

へー!!!

おもしろーい!!!

そんなアイディア、アメリカ人と結婚してなかったら思いつきもしなかったー。

それに、日本人家庭の冷凍庫に入ってるコーンって、

大抵1回は使ってあって、袋の口を輪ゴムで留めて保存してあるから、

「頭に沿う形」からは程遠い状態だから、頭に沿うなんて発想ないもんなぁ!

新しい知恵が一つ増えたようで、嬉しー!

しかし・・・。

冷凍コーンを頭に乗せたところで、若干の濡れが生じたりと、芽生えるのは

「冷えピタだったら、おでこを濡らさずに冷やせるのに・・・」

という冷えピタへの更なる強い思い。

日本の何が突然欲しくなるか分からない、海外生活でございます。