カタカナ用語はややこしい!!

0
349

カタカナ英語

カタカナ用語で溢れる日本語。

英語と同じ意味で使われるカタカナ用語もあれば、

日本語でしか通用しないカタカナ用語もあって。

更には、フランス語やドイツ語、ロシア語・・・が語源になっているカタカナ用語まであるから、

日本人にしてみたら、どの言葉が英語でも通用するカタカナ用語か

なんて見分けがつきません。

カタカナ英語を英語だと思って使うと・・・

そのカタカナ用語の恐ろしさを痛感させられたのは、

私が中3でインドに渡った時

最初は英語が全然話せないから、必死で自分の知っている単語を並べてコミュニケーションを取ろうとする毎日。

そんなある日、クラスで大量のプリントが配られたことが。

ホッチキスで留めないとバラバラになっちゃうよ~。

ということで、先生にホッチキスを借りに

“Can I borrow a ホッチキス!?”

と尋ねてみました。

ちなみに、ホッチキスhotchkiss のような雰囲気で英語っぽく発音

しかし、沸き起こったのは、クラス中からの笑いの渦。

ホッチキス全然貸してくれません。

しまいには、hot kiss(ホットキス)だって~!!の野次。

ホッチキスって英語ちゃうかったんや・・・。

15歳の少女?には、そんなこと知る由もありません。

(ちなみに、英語ホッチキスは stapler です)

日頃からカタカナ用語に注意を払うことをオススメします

その他にも、当時はガムテームアルバイトチャックコンセント等々、

英語風に発音してみては撃沈するというのを繰り返してきました。

そして、今でこそそういう間違いも減って来たな~と思っていたのも束の間。

先日主人とスピード違反を取り締まる警察の話になり、

何人捕まえるって絶対ノルマがあるよね」と言いたくて、

“They must have a ノルマ(norma の発音で)!”

と主人にドヤ顔で発言。

すると、ポカンの主人。

ほら、何人か捕まえなくちゃいけないって課せられた目標のことじゃん、

と言うと、「そんな言葉知らん」の一言。

焦って辞書で調べてみると、ロシア語だったと判明。

そんなん知らんがな!

ちなみに、英語でノルマは、quota

日頃からしょっちゅう日本語に登場するカタカナ用語。

英語の中に織り交ぜる前に、英語としてそのカタカナ用語が通用するのか

日頃から調べておくのが無難なようです。