ハリケーン「サンディ」:ハリケーンと台風との違いは!?

0
79

アメリカ東海岸を襲ったハリケーン

死者50人以上、停電820万世帯という大被害をもたらした、ハリケーン「サンディ」

幸い、夫婦で日本に一時帰国中とだけあって、その災難からは逃れられたものの、やっぱりワシントンDCに住む友人たちのことが心配。

連絡を取り合っては、友人一人ひとりが無事だと聞く度に、安堵で肩をなで下ろす日々です。

災害に対する対応力の弱いアメリカ

島国日本から渡米すると、びっくりするのがアメリカの災害に対する備えの弱さ

日本大型台風が来るとなると、
– 事前にテレビでギャンギャン危険を呼びかけ、
– 会社も学校も早めにクローズし、
– 食材の調達を怠りません。

また、インフラ面でも、道路の排水整備がなされ、大雨の備えもしっかり。

しかし、いざアメリカへ来ると、

ちょっと土砂降りが続けば、道路の排水口は噴水状態

水が溢れまくっています。

そして、すぐ停電。

911(救急用通報電話)に電話しようもんなら、

プープープー・・・。(回線混雑!!)

ネットで確認してみると、

初めて見るような、ながーい数字(11桁!!)にかけて下さい

とあります。

(ネット繋がらんかったらどうすんねん!!!!)

そして、

停電の復旧には1週間以上かかるのがザラ。

・・・何じゃそりゃ!!!

ハリケーン「サンディ」より遥かに小規模の雨が降る度に、

これがホンマにアメリカの首都なん!?

生活機能止まりすぎやん!!

大国の弱さを感じずにはいられませんでした。

ちなみに、ご存知でしたか?ハリケーンと台風の違い

そんなこともあって、今回のハリケーン「サンディ」の被害をテレビで見る度に、日本だったらもっと被害を押さえられたんじゃないかと悔しがってしまう私。

そして、ふと根本的な疑問が。

ハリケーンと英語の台風(typhoon)ってどう違うん・・・!?

ハリケーン台風天気図

どちらも似てますよね。

という訳で、早速周りのアメリカ人に聞いてみると、

実はみんな答えに行き詰まるではありませんか。

みなさんは、ご存知ですか??

もしご存知なかった場合は、コチラが正解!

hurricane(ハリケーン):北東太平洋大西洋で発生するもの
typhoon(台風):北西太平洋で発生するもの

なるほど!

発生する地域によって、呼び名が変わるんですね。

だから、日本ではハリケーンが起こらずアメリカには台風が来ないんですね。

納得です。

とは言いつつ、やはり今でもハリケーン「サンディ」の被害が心配な私。

一刻も早い事態の終息を願うばかりです。