ハローウィンに向けて

0
228

10月31日はハロウィンです。

ちょっとまだ早いですが、10月31日はハロウィン

日本の皆さんは、どうお過ごしでしょうか?

仮装パーティーにお出かけですか?

私たち夫婦は残念ながら、今年のハロウィンは親戚宅でフツ~に過ごすことになりそう。

でも、代わりに「ハロウィンに向けて」をたっぷり堪能できました。

今回は、このハロウィン当日前の様子をご紹介したいと思います!

ハロウィンの歴史と近所のハロウィン

ハロウィンはもともと10月31日を1年の最後とするケルト人の習慣

その夜は、死者の霊が家族を訪ねたり、オバケ魔女が出てくると信じられていたそうな。

そういった精霊から身を守るために始まったのが、たき火や仮装

後にその習慣がキリスト教へと浸透して行ったようです。

なので、最近になってハロウィンは宗教的だとされ、仮装パーティーを取り止める学校や幼稚園もあるそうですが、今でもアメリカ人の70%がこの日を仮装したりして楽しむそうです。

というわけで、私たちが住む町もハロウィン真っ盛り。

ご近所さんも大きなかぼちゃ(多分ニセモノ)と、小さなかぼちゃ(本物)を家の前に飾っています。

見えますか?カカシのようなお人形が家の外に飾られたりもしています。

お店のショーウィンドーもハロウィン感た~っぷり!

スーパーにもたくさんのカボチャたち。アメリカには色々な種類があって、制覇しきれていません。

近所のカフェに並ぶカップケーキやケーキ。こちらもハロウィン仕様です。

そして我が家でも!!

カボチャを購入し、ジャック・オ・ランタンを作ったんです。

ジャック・オ・ランタン作り

ジャック・オ・ランタン (Jack-’o-Lantern) は、かぼちゃで作るちょうちん。

善霊を呼び寄せ、悪霊を遠ざける効果があるとされているので、玄関先に飾るお宅がたくさんあるんです。

そこで、我が家でもかぼちゃを買ってきて、ジャック・オ・ランタン作りをしようということになりました。

まずは中身をくり抜きます。

蓋をするとこんな感じになるんです。

かぼちゃに下書きをして、カッターを使って模様を彫って行きます。

日本のカボチャと違って皮が柔らかいから、カボチャアートも彫りやすいのです。

そして出来上がったのがこちら!!

ロウソクを中にいれ、火を点すとこんな感じに・・・。

ちなみに、左側が主人の作品。右側が私。

丁度この時、DVDの『ゲゲゲの女房』にハマっていた私たち。

主人は張り切って目玉のオヤジを彫ってました。

多分アメリカ全土で目玉オヤジ作ったのは主人だけじゃないでしょうか。

ジャック・オ・ランタン作りの背景とその後

ただ、実はこのジャックオランタン作り、夜の授業を終えて帰って来た主人が突然「作ろう!!!」と言い出したもの。

作り始めはなんと夜の10時過ぎ

早く寝たい私は、サッサと大きめにアートをくり抜き、「ハイ、終わり!」でしたが、主人はその辺の空気は全く読まず。

細かな目玉オヤジの作業に没頭しまくり、凝りに凝るではありませんか・・・。

私は私でそんな主人を待ちまくり。

何度、「もう、ええやん!」と思ったことか・・・。

ただ、やっとこさ出来上がり、部屋中の電気を消すように指示され、いざロウソク点灯をしてみると・・・!

待ってて良かった~!!

何故か大感動してしまいました。

夜になるとジャックオランタンを点灯している私たち。

道行くアメリカ人に、目玉のオヤジを「何コレ?」と聞かれるたびに、「日本のお化けです」と嘘か本当かよく分からない返答をしています。

そして、確実に「変わった趣味の奥さんね」と見られているのが、非常に心外なことでございます。