割れた腹筋!「シックスパック」の語源とは

0
91

「美しい腹筋」と「ビール」の関係

男性なら、シックスパックと呼ばれる、6つに割れた腹筋に一度は憧れたことがあるんじゃないでしょうか。

でも、実はこの「シックスパック」、

美しい腹筋の大敵、ビールともちょっとした関係がある

ってご存知でしたでしょうか?

友人宅のパーティーには欠かせないシックスパック

アメリカで友人宅のパーティーに呼ばれたら、「何か持って行きましょうか?」と聞くのがマナー。

そして、特に何もいらないよ、と言われても、アルコールかデザートを持参するのが一般的。

そんな時、必ず誰か一人は持って来るのが、

シックスパック

場合によっては、参加者全員が持って来ちゃったよ~なんて場合も。

もうお分かりかと思いますが、ここでの「シックスパック」は決して腹筋ではありません。

ビールと関係がある、腹筋の「シックスパック」の語源

割れた美しい腹筋「シックスパック」の語源は、

一箱6本入りビール

なんです。

アメリカでは、日本みたいにビール一本ずつ販売なんてマレ。

写真のように、大抵がビール瓶6本1セットで売られています。

そして、この箱を上から見ると、ちょうど割れた腹筋に見えることから、

鍛え上げた腹筋もシックスパック

と呼ばれているんだそうです。

「腹筋のシックスパック」と、「ビールのシックスパック」が結びつかなかった私

周りのアメリカ人がビールを買う時は、決まって「シックスパック」と言っていましたが、私はその6本セットのことを

「6本あるから “six packs“」

と勝手に複数形の “s” を付けて勘違いしたまま覚えていました。

でも、主人に間違いを指摘され、実際に「ビールのシックスパック」と「腹筋シックスパック」の関係を知り、納得。

腹筋のシックスパック」も、「ビールのシックスパック」も、

6つあって初めて1つ

として成立してるものなんです。

お腹の凹凸が6個あって初めて、”six pack” です。
ビール瓶も6本入っていて初めて、”six pack” です。

今ではビールのシックスパックを見ると、彫刻のような腹筋に見えて仕方がない私。

ダイエットに興味があり、ジムでトレーニングするのが好きな人も、

ビールが大好きな人も、

アメリカ人との付き合いがある、又はこれから付き合うことが増える人も、

何かとボキャブラリーの中に持っておくと便利なのが、この “six pack“。

今回のコラムを機に、是非腹筋の語源となったビールのシックスパックの存在も、頭の隅に置いておいてください。