ガイドブックにはここまで載ってない!レストランでのチップの額の決め方

0
183

大したサービスでもないのにチップを払うアメリカの習慣

アメリカはサービスを受けるとチップを渡す習慣があります。

レストランは理解できても、なんでタクシーや美容院でまで料金以上のお金を出さなくちゃいけないの!?と私なんかはよく思います。

でも、郷に入っては郷に従えで、割切りも必要。

ただ、チップと言えども一体いくら渡すべきなのかが迷いどころ。

「大したサービスなんて受けてないのになんでチップ払うねん」、「ただ自分の仕事しただけやん」と、ケチな私は思うわけですが、暗黙の了解として存在するチップの基準にのっとって、みんな支払っています。

今回は、ガイドブックにも細かく載っていないレストランでのチップの基準をご紹介したいと思います。

レストランでのチップの基準算出方法

まず覚えておきたいのが、ファーストフード店や、先に会計をするカフェ、レストランでのテイクアウトにはチップは不要だということ。(アメリカの殆どのレストランではテイクアウトが出来ます。)

では、レストランで座って食事をした場合のチップの算出方法はと言うと・・・。

日本のメジャーなガイドブックには、アメリカでのチップは「合計金額の15~20%」と書かれている場合が殆ど。

でも、ここに大きな落とし穴が!

この「合計金額」を解釈し間違えると、損をします!

そこで、こちらのレシートの写真をご覧下さい。

左側が、この日私たち夫婦が食べた食事の代金。クレジットカードでの支払いです。

右側が、クレジットカードの明細です。

飲食料金の下に “Tip” と書かれた欄があります。そこにチップ代を記入して、飲食料金との総額を書いて、ウェイターに渡します。

この日のチップ代を日本のガイドブックにのっとって計算すると、24.20ドルの15~20%。

でも、それがチップの算出方法の間違いなんです!!

この食事代の「合計金額」とは、税金を抜いたものなんです!!

レシートの “Sales Tax (税金)” にご注目!

24.20ドルからこの税金分2.20ドルを引いた、22ドルが、本来の「合計金額」。

なので、私たちの最終的な支払いはこんな感じになりました。(現金で支払う場合は、食事代を支払った後のトレーにチップを別に置きます。)

この日の食事代は大したことありませんが、リッチなレストランに行って、税金込みの合計金額で計算していたら、チップ代もバカにはなりません。

そもそもチップはサービスに対する報酬なので、あまりにもひどいサービスを受けたら、基準以下のチップでも構いません。(でも悔しいですが、やっぱりチップは払います。)

また、気分が良くなるほどのサービスを受けたら、基準額よりも多く出すのが常識でしょう。

でも、チップは少なすぎても多すぎてもいけないところが難しい。

是非チップの基準算出方法をここでしっかりマスターして、アメリカのレストランに臨んでみてください!