アメリカ人は歯が命

0
202

アメリカ人は、歯に対しての美意識がとっても高いんです。

白く輝く、まっすぐに並んだ歯を求め、矯正は殆どの子どもが通る道。

写真を撮る時も、歯を見せて笑うのが当たり前のアメリカ文化なだけに、やっぱり歯は「見せるもの」と化しています。

アメリカ人とヨーロッパ人を見分けるときにも、歯は重要な要素

歯並びをさほど気にしない、黄色くても大丈夫なヨーロッパ人に比べ、アメリカ人は陶器のように白い、歯並びの良い歯を目指します。

だから、日本人が「かわいい」なんて感じる八重歯は、アメリカ人には「気持ち悪い」、「ドラキュラみたい」と感じるそうです。

充実したアメリカの歯磨きマーケット

歯の輝き、美しさを求めるアメリカ人は、勿論歯磨きにもこだわりが。

こちらはなんてことないスーパーの歯磨きセクション。

驚くのは、歯ブラシよりも歯磨き粉の種類

一体どれが一番良いのやら。

こんなにあったらどれを選んで良いのかさっぱり分かりません。

ちなみに歯ブラシは、日本の大人サイズに比べて1サイズ大きめ。

こんな大きなブラシで細かいところを磨けるのかと思ってしまいます。

日本人が好むようなサイズは、こちらでは子どもサイズです。

そして、日本でも最近浸透しつつある歯を白くするテープもアメリカが先駆け。

結構良い値段しますが、歯にこだわりを持つアメリカ人は、週1ペースでホワイトニングも自宅ケアの一つとして取り入れています。

水道水にまで浸透する歯への美意識

歯を気にする文化だから、歯ブラシ、歯磨き粉マーケットが強いというのは分かります。

でも、びっくりするのは、蛇口をひねると出てくる水道水までもが歯ベースなこと。

なんとアメリカの水道水、フッ素を添加する、フロリデーション(Fluoridation)が行われています。

日本でもフッ素入りの歯磨き粉が売られていますが、アメリカでは国民の虫歯予防のために水道水の中にフッ素を入れているのだとか。(飲んでも大丈夫な濃度だそうです)

これだけ甘いものを飲んだり食べたりしている割に、日本人よりアメリカ人のほうが虫歯が少ないというのも、この水道水の話を聞いて納得です。

初対面でまず見るのも歯!

これだけ歯の美しさを求める社会だと、やはり他人の歯も気になるというのが心情なんでしょう。

初めて会った人の印象は、結構歯にも集中しています。

「今の人、すごく歯が黄色かったよね・・・」とか、
「〇〇さん?あぁ、あの歯並び悪い人?」とか、

歯にまつわることが多すぎます!

そうだったっけ?と日本人はなりますが、アメリカ人は歯に結構意識が集中するようです。

アメリカ人と会うとき、歯にヤニやステインはついていませんか?

日本人以上にアメリカ人はそこを見ています。

アメリカ人にどう見られるかが気になる方は、是非一度歯医者さんでクリーニングされるのをオススメします!