アメリカ人とプレゼント交換をするときの心得

1
742

プレゼントの返品は当たり前

誕生日に、クリスマス、父の日、母の日、お餞別・・・。アメリカも日本同様、プレゼント文化。

でも、主人の子どもの頃の思い出話を聞いていて、いつもびっくりするのが、

「プレゼントが欲しかった物と違ったから、即日返品しに行って、自分の欲しい物を買った」

という話。

私も子どもの頃、「えっ、ビミョー・・・」と思ったプレゼントはあります。

でも、親から貰ったものに文句は言えても、返品しに行くという術を知らないし、親もそんなワガママを聞いて、お店まで返しに行ってくれる訳がありませんでした。

でも、これはアメリカでは当然の話。

下の写真をよ~くご覧下さい。

レシートなのに、値段が書いてないんです。

コレ、いわゆる “Gift Receipt(ギフト・レシート)” と呼ばれる
もの。

プレゼント購入者がレジでこれを頼んで入れておいてくれるんです。

「気に入らなかっら、返品・交換してね」というお心遣いなんです。

返品する段になったら、どうせいくらだったかなんてすぐ分かっちゃいますが、一応値段が書いていないのがギフト・レシートです。

だから、クリスマス後のお店は、みんなの気に入らなかったプレゼントの返品・交換ラッシュ!!

レジに返品の列ができるんです。

貰ったプレゼントを返品・交換した後は・・・

ちなみに、せっかく選んでくれたプレゼントを他の物に交換してしまったら、日本人の感覚では、もうその人から貰った物ではなくなってしまいますよね。

でも、アメリカ人は強い!

仲が良いと、「こないだ貰ったやつ、私に色が合わなかったから、コレに交換したんだ」なんて堂々と言っちゃったりもするんです。

日本人だったらこんなこと失礼で口が裂けても言えない!!

どこまでも合理的と言うか、なんと言うか・・・。

買った人の気持ちはそれとして受け取り、貰った物が気に入らなかったら返品・交換するなんて・・・。

日本人には後ろめたくて出来ません。

貰ったらその人の前ですぐ使う、着る、すぐ持つ、すぐ付ける!

ただ、ここで少々「ややこし~!」と思うのが、何気に自分の上げた物の行方は気にしているということ。

気に入らなかったら返品・交換は大いに結構。

でも、使われずに置いておかれるのは非常に嫌らしんです。

昨年のクリスマスに、主人の兄から何故か春物のスカーフを貰いました。

真冬には寒いし、色も冬には寒々しい感じだったので、春に付けようと思っていました。

すると、突然「あのプレゼント気に入らなかった?付けないなら言っ
て。お母さんに上げるから」なんて言われたんです!

いやいやいや~!せめて3ヶ月の猶予は下さいよ~!

でも、義兄の気持ちを考えてみれば、私は「頂いたプレゼント、気に入ってます!ありがとう!」と、寒々しくっても、即日使うべきだったのかもしれません。

アメリカ人とプレゼント交換をする時の心得

アメリカ人と親しくなればなるほど、プレゼントを交換し合う機会も増えるんじゃないかと思います。

そんな時、貰った物が気に入れば、次会う時にはそれを使ってるところを見せるくらいの勢いで臨んでください!

ここでも「気に入りました!」アピールを忘れずに!

また、自分が何かプレゼントしたいときは、「ギフト・レシート」を忘れずに入れておきましょう。

そして、上げた物が気軽に返品されていても、傷付かないように!

彼らは交換した物であったとしても、あなたから貰ったプレゼントとして大事にしてくれていますよ。

1コメント

  1. […] いやーこれはもう、謎としか言いようがありません。 アメリカでもヨーロッパでもクリスマスは家族で過ごす日なのに、日本では一体いつからそういうことになったのか?とにかく日本ではクリスマスといえばカップルがイチャつく日である、とアメリカ人に言うと大層ビミョーーーな顔をされます。そりゃそうですよね。元々宗教行事だもん。 「なんでだろうね?」と振ってみたところで当然答えが出るわけもなく、彼らからしてみればおそらく「お盆はカップルがイチャイチャする日」と言われるような違和感があるのでしょう。 家族が集まるわけですから当然お祝いも家でします。日本のようにレストランで高級ディナーという発想もなく、クリスマスシーズンはレストランも軒並み休業。みんなお家に帰ります。 大体のお家がこんな風に物凄い大人数になります。いつもは広すぎると感じる家も、きょうだい達やその家族、子供達のそのまた子供達でいっぱいになるクリスマスはプレゼントもいっぱい!! アメリカ人のクリスマスプレゼントは一人一個ではなく、いくつもいくつもたくさん買います。夫婦間や子供へのプレゼントだと10個なんて平均です。あれがあの人に似合いそう、これも好きそう、これもあげたい、そんな風に普段はしない「あれもこれも全部買い」をこの時期だけは誰もがします。 綺麗にラッピングしたプレゼントも、遠くに住む親戚から送られてきたプレゼントも、全部ツリーの下にどんどん置いていきます。そしてイブの夜にいっぱいになったプレゼントを眺めながら家族で楽しく過ごすのです。 アメリカらしいリアル~な話をご紹介すると、プレゼントには大抵“gift receipt”「ギフト・レシート」という値段の入っていないレシートがついていて、これをお店に持って行くと気に入らなかったり被ってしまったプレゼントを交換できます。 これだけいくつも貰うと微妙なプレゼントもきっとありますもんね・・・。便利なシステムだけど日本人的な感覚ではちょっと罪悪感(笑) ちなみにこちらの記事でも、ギフト・レシートについて紹介しています→ http://www.ei-sta.com/wp/archives/1612 […]

Comments are closed.